Pension Alameda

サン・セバスティアン

サラゴサからサン・セバスティアンへ
フランス国境に近いサン・セバスティアンは3泊しました。
レンフェの駅からホテルまではタクシーで、6€くらいだった。

 

 

 

 

 

 

 

サン・セバスティアンのホテルは凄く高くて、
その中で安くて、立地がよく評価の高いホテルに滞在した。
Pension Alameda
ホテルといっても家族が経営するペンション
ビルの2階がPension Alameda
出入口はオートロックになっているので、
インターフォンを押して開けてもらった。

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターは二人乗り用で、超レアだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入りと、本当にペンション風だった。
夫婦二人で経営してるみたいで、二人とも凄くフレンドリーだった。
旦那さんはスペイン語のみで、
奥さんが英語が堪能でわかりやすく色々説明してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

チェックイン時間より早めに到着すると、メールをしといたので
すぐに部屋に入れてもらえた。
カードキーと出入口のキーを貰いました。
失くさないようにと、わざわざケースに入れてくて、
出かけるときは必ず部屋の電気は消してと説明された。

 

 

 

 

 

 

 

部屋は受付の隣で、ダブルルーム
受付の隣なので、チェックイン、アウト時は、
ざわざわとうるさい。

 

 

 

 

 

 

 

部屋からの眺めは中庭

 

 

 

 

 

 

 

水回りはピカピカで清潔だった。
改装したばかりぽかった。

 

 

 

 

 

 

 

シャワーのみでバスタブなし

 

 

 

 

 

 

 

この部屋は、多分事務所か倉庫を改装して部屋にした感じだと思う
1泊9000円くらいで、海もバル街も近くて便利な場所だった。

コメントフォーム

トップへ戻る