美食の聖地サンセバスティアンで バル巡り

サン・セバスティアン

サンセバスティアン滞在は3日間
サラゴサまで友人と旅行する予定でしたが、
友人が急遽ルートを変更してサンセバスティアンへ行くと言うので
サンセバスティアンも友人と一緒に観光しました。
美食の街サンセバスティアンではバル巡りからスタート
バル街のFermin Calbeton通り
ホテルから徒歩で3分!
バルの看板が通りに並んでた。

 

 

 

 

 

 

 

最初に入ったバルはBar Sport
バル街の中で一番盛ってた。
カウンターには美味しそうなピンチョス、タパスがズラーリ!

 

 

 

 

 

 

 

スタッフが日本語で、なに食べますか?とかカニ、タラとか言ってきた。
鱈のタパスをチョイスして、

 

 

 

 

 

 

 

バーベキュー

 

 

 

 

 

 

 

タコのピンチョス

 

 

 

 

 

 

 

鱈のコロケッターは、注文してから揚げてくれた。
アツアツで美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

カウンターの端にチーズケーキが置いてあったので、
最後に食べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

ケーキも普通に美味かった。
バルをハシゴするのにケーキを食べちゃうなんて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

さっさと食べて2軒目のバルへ
2軒目のバルは、Bar Sportと同じ並びにあったバルへ
Casa Urola
Bar Sportに比べるとお客さんは少なかった。
ここでも数品食べました。

 

 

 

 

 

 

 

魚のピンチョス

 

 

 

 

 

 

 

これは、隣のドイツ人カップルが食べていたので、
同じ物を注文してみた。
きのことなんかのソース?味はしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

ここでもスタッフにカタコトの日本語で話しかけられた。
サンセバスティアンは日本人旅行者が多いいのね。
この日は2軒だけハシゴしました。
美食の街サンセバスティアンと言われてるけど
バルのタパスやピンチョスは普通だった。
個人的に、テルエルのバルの方が美味いと思った。

コメントフォーム

トップへ戻る