秋のイタリア周遊旅行.58

チヴィタ

チヴィタ・ディ・バニョレッジョの人口は20人!少ないです。
死にゆく町と呼ばれる陸の孤島です。

 

 

 

 

 

 

 

この長い橋を登って町の中に行ってみました。
町に入るには有料で一人1.5ユーロを入口で払いました。

 

 

 

 

 

 

 

長い橋を登って足がガクガクになりました。
予想外に10月でも暑くて汗ダラダラだった。
ここが町の入口です。

 

 

 

 

 

 

 

町の中に入ると中世の世界が広がってた。

 

 

 

 

 

 

サン・ドナート広場に小さな教会。

 

 

 

 

 

 

 

B&Bや土産物屋もあれば、レストランもたくさんありました。
死にゆく町ではなさそうです。《笑》

 

 

 

 

 

 

 

どこで写真を撮っても絵になる美しさです。
小さな町なので、端から端まで歩いても5分から10分くらいです。
ゆっくり30、40分くらい町の中を散策しました。

 

 

 

 

 

 

 

この周辺ではオリーブオイルが名産らしくお土産で数本購入しました。
町を出て最初に行った丘に戻りチヴィタを眺めました。

 

 

 

 

 

 

 

10月はシーズンオフみたいだけど、観光客が多く訪れてました。
イタリア旅行した中でもチヴィタは印象に残る場所の一つになりました。
バスの時間もあるのでバス停に戻り最終のバスでオルヴィエートに戻りました。

コメントフォーム

トップへ戻る