水中遺跡クバール・スピアンを見学

シェムリアップ

バンテアイ・スレイからクレーン山(プノンクーレン)に向かいました。
バンテアイ・スレイをさらに北上すること約50㎞
田舎ほうまで道路事情が整っていなくて、
車が一台やっと通るだけの細いボコボコ道をひたすら走りました。
このような道路なので、登り下りに時間制限があります。
クレーン山への道は、12時までは登り専用、12時以降は下り専用
一度登ると12時以降にならないと下山することができません。

 

 

 

 

 

 

 

向かってる途中で、バナナが売ってるお店があって、
ガイドTOMさんが買いました。

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアのバナナは甘くて美味しいと言って
わけてくれました。確かに甘くて美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

約2時間で目的地に到着。ボゴボゴ道でお尻が痛かった。
クレーン山では3箇所を見学
クバール・スピアン
プリア・アントン
クレーン山の滝
まずは水中遺跡と呼ばれるクバール・スピアンに向かいました。
クバール・スピアン遺跡は、シェムリアップ川の上流にあって
ヒンドゥー教の神々の彫刻が川の中に施された水中遺跡
今は乾季なので水量が少なくて、水も澄んでいるとか
雨季になると水が濁って、彫刻類が良く見えないとTOMさんが言ってました。
今は乾季だから見るチャンスだね。とTOMさんと話しながら歩きました。
彫刻ポイントに到着すると、彫刻が見えない!ガイドブックで確認
ヴィシュヌ神の彫刻が見えない。突如神像も見えない。

 

 

 

 

 

 

 

ガイドTOMさんもビックリしてました。
きっと昨日?夜中?天気が悪くなって大雨だった?とか言ってました。
水量が多くて、川の流れも速くて彫刻がまったく見えません。

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく表情が読み取れた彫刻

 

 

 

 

 

 

 

川底に掘られた千本リンガ、
リンガは男性器の象徴、ヨニと呼ばれる女性器の象徴に囲まれていました。

 

 

 

 

 

 

 

リンガの数がものすごく多かった。

 

 

 

 

 

 

 

これはヨニかな??

 

 

 

 

 

 

 

不思議な湧き水

 

 

 

 

 

 

 

クバール・スピアンで見れたのはリンガとヨニ・・・。
美しい彫刻が見れなかったのは残念。
一通り見終わってプリア・アントンに移動しました。

コメントフォーム

トップへ戻る