九份茶房で休憩

九份

九份散策して、途中歩き疲れたので
お茶屋さんで休憩することにしました。
ガイドブックに載っていた九份茶房に入りました。
100年前の建物を改装したお店らしい。
入ってすぐに茶器や土産物などが置いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

店内はレトロで雰囲気もよかったです。

 

 

 

 

 

 

お店の従業員が堪能な日本語で席まで案内してくれて
いろいろ説明してくれました。
案内された席は↓
本物のアンティーク家具が設置されてた。
テラス席もあったのですが日本人だらけで満席

 

 

 

 

 

 

日本語メニューをチェックするとお茶は数十種類ありました。
チョイスしたのは紅水烏龍(特級凍頂)
台湾式のお茶の入れ方も丁寧に説明してくれました。
同じ茶葉で、7杯?8杯?味わえるみたい。

 

 

 

 

 

 

香ばしい味と香りの焙火茶でうまかった。
自家製チーズケーキも激ウマでした。

 

 

 

 

 

 

 

この二つを持ってレジでお会計ね。伝票の変わりかな?

 

 

 

 

 

 

 

お会計
サービス料 NT$100
紅水烏龍  NT$700
自家製チーズケーキNT$90
合計NT$890
余った茶葉は会計の時にお店の人が袋詰めしてくれてお持ち帰り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店を出たのが17時まえ、更に路地には観光客が増えて溢れかえってた。
夕方から夜にかけて人が増えるのかな??マジで人が多すぎ!
提灯のライトアップをみる予定でしたが1時間以上待たないと
ライトアップされないみたいで、あきらめて帰ることにしました。
列車時間まで余裕があったのですが、チケットを捨て、
九份から台北行きのバスに乗って戻りました。
道も混んでなくて1時間くらいで忠孝復興駅まで戻ることができた。
最後に一枚九份のバス停近くからパシャリ。

 

 

 

 

 

 

九份に宿泊する人もいるみたいですが
日帰りで十分楽しめると思います。
提灯のライトアップが見れなかったのは残念
機会があればリベンジしたいです。

コメントフォーム

トップへ戻る