カテドラル/バレンシア

バレンシア

バレンシア到着日にカテドラル見学をしました。
左がミゲレテの塔、右が大聖堂が見えますねー。

 

 

 

 

 

 

 

13~15世紀にかけて建造された立派なカテドラル
建造期間が長かったみたいで様式は同じではない。
基本はゴシック様式で、
18世紀に作り変えられたファサードはバロック様式(ガイドブックより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテドラル内部へ
主祭壇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主祭壇には左上から、牧舎の礼拝、東方三博士の礼拝、キリストの復活、
右上からキリストの焦点昇天、聖霊降臨、聖母の被昇天、が描かれてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多角形の屋根

 

 

 

 

 

 

 

バラ窓

 

 

 

 

 

 

 

聖杯礼拝堂に移動しました。
聖杯礼拝堂の天井は星形の交差リブ

 

 

 

 

 

 

 

12枚のレリーフが飾られてた。
中央のガラスの向こうに見える金色に光るものは、
最後の晩餐で使われたと伝えられる聖杯が展示されてた。
はっきりと写真が撮れなかった。撮り方下手くそです。

 

 

 

 

 

 

 

由来はリストの弟子の聖ペトロがローマに持込み、
その後弾圧を逃れてピレネーに移され巡り巡って
15世紀にバレンシアにもたらされたもの。
スペイン独立戦争の際にはナポレオン軍による略奪から逃れるため
イビザやマジョルカに運び出され、1916年に現在の礼拝堂に設置されたとのこと。
1時間くらい見学したかな。
バレンシアのカテドラルはなかなか見応えがありました。
カテドラルに近いラ・ロンハに移動しようと思ったけど
シエスタでお休み中だったのでホテルに戻って休憩にしました。

コメントフォーム

トップへ戻る