アンコールワット(第一回廊、十字回廊)見学

シェムリアップ

ホテルで2時間ほど休憩をした後、
午後からアンコールワットの見学です。
休憩なしで観光したいと思ってたけど
実際はハード!無理でした。外の暑さにやられて、
半日観光しただけでダウン!着てたシャツも汗でビショビショ!
シャワーしてスッキリして、
14:30エアコンが効いた車で出発。
アンコールワットに向かってる途中に大きな池

 

 

 

 

 

 

 

アンコールワットが見えてきました。
またまたガイドTOMさん、お得意の裏口攻撃です。

 

 

 

 

 

 

 

人が殆どいない裏参道から入ります。

 

 

 

 

 

 

 

位置を変えてもう一枚。
逆光で撮るのが大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

ガイドのTOMさんも写真を撮るのが好きみたいで、
ここから写真がキレイに撮れるとか観光中アドバイスくれました。

 

 

 

 

 

 

 

アンコールワットは広くて、
境内は外周、東西1,500メートル、南北1,300メートル、
幅190メートルの濠で囲まれているそうです。
そして12世紀初頭のヒンドゥー寺院です。
第一回廊からスタート。
アンコールトムと同じでワットでも観光客が多くて、写真撮るのが大変でした。
第一回廊はレリーフで有名です。
天国と地獄の閻魔大王

 

 

 

 

 

 

 

こちらは少し剥がれてました。

 

 

 

 

 

 

 

亀の上にヴィシュヌ神が乗ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回廊の天井には花紋状のレリーフが彫られてたけど
こちらも少し剥がれてる部分がありました。

 

 

 

 

 

 

 

第一回廊をぐるりと一周して十字回廊へ
一回廊から第二回廊に進む中間地帯です。
ちなみに写真の下の部分は沐浴場です。
沐浴場は強烈な日差しで乾いて水がなくなったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

十字回廊の柱には、森本右近太夫の落書きが残されてました。
落書きでも歴史的価値があるということで保存されてるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回廊を出て、第二回廊へ移動しました。

コメントフォーム

トップへ戻る