アルバラシンからサラゴサへ

アルバラシン

アルバラシンからサラゴサへ移動
アルバラシンからサラゴサへの移動ルートは
バスでテルエルまで戻って、バスか鉄道で移動
今回は鉄道RDに乗って移動しました。
アルバラシン→テルエル、バスの出発する時間は
行きのバスでドライバーに確認しといた。
アルバラシン→テルエル行きは8時55分、一本のみです。
ホテルの人は8時45分と言ってた。
バス停はホテルの隣なので、少し早めに出てバスを待つことにした。
アルバラシンの朝は遅いので、レセプションは誰もいない
従業員にバスの時間を説明して、前日の夜にチェックアウトしといた。
よく朝、鍵はレセプションに置いて行くようにと言われた。
ホテルを出ると空が明るくなってた。
去る日は天気がよさげな感じだった。

 

 

 

 

 

 

 

バス停には数組の人がすでに待ってた。
着いた時と逆の場所で待機ね。

 

 

 

 

 

 

 

バスがやって来たのは8時55分だった。
一回スルーされて、またバスが戻ってきた。
ドライバーも行きと同じ人だった。

 

 

 

 

 

 

 

約1時間ちょっとでテルエルに戻ってきました。
列車の時間が11時55分
時間に余裕があったので、バルで朝ごはん
カウンターに並べてあるものをチョイス!
これがまた激ウマだった。
ハンバガーとカフェコンレチェで1.5€だった。安いっ!
La barricaはオススメ!

 

 

 

 

 

 

 

サラゴサまでの列車での移動時間は約2時間30分
トリコ広場にあったパン屋さんで
列車の中で食べれるようにパンを買った。
パン3個選んでとお店の人が言ってきて、
お会計するとウノ、ティンコと言ってきた。1.5€???
1.5€渡したらあったてたw
パン3個で1.5€だったwテルエルの物価が安すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

出発の1時間前に、テルエル駅に到着

 

 

 

 

 

 

 

11時57分表示されてた。

 

 

 

 

 

 

 

駅構内は小さくて、券売機はないので、窓口で切符は購入
事前にレンフェのHPからサラゴサ行きのチケットは買っといた。
列車の中で、車掌さんがチケット確認しにきたので、
プリントアウトした紙をみせた。

 

 

 

 

 

 

 

待合室とバルもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎の駅なので、ホームも二つだけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

列車も遅れることなくテルエルに到着
サラゴサに向けて出発しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

車窓からの景色
どんよりした天気だったけど、眺めはよかった。

 

 

 

 

 

 

 

約2時間30分の移動も景色を眺めてると
あっというまにサラゴサに到着!
サラゴサ駅は近代的で都会だった。

 

 

 

 

 

 

 

アルバラシンからサラゴサまでの移動は
1日かかりだったけどスムーズに移動できた。
バス
アルバラシン発 8時55分→テルエル着 10時00分
鉄道
テルエル発 11時57分→サラゴサ着 14時25分
テルエルのバスタミーナルから駅までは離れているので、
乗り継ぎ時間をとった方が確実です。

コメントフォーム

トップへ戻る