アルハフェリア宮殿

サラゴサ

グーグルマップをみながらアルハフェリア宮殿へ
バルから20分くらい歩きました。
アルハフェリア宮殿
2001年に世界遺産登録されたムデハル様式の宮殿

 

 

 

 

 

 

イスラム支配時代の11世紀に建てられ、
レコンキスタ後はアラゴン王国やカソリック両王の居城になったそうです。
外壁にはイスラム時代の城壁も残っていました。

 

 

 

 

 

 

やっぱしイスラムぽいですね。
この壁の向こう側にはタイファ時代のイスラム宮殿があります。
右側の壁にある小さな門から入りました。
現在は、アラゴン自治州の議会が使っているみたいで会議室もありました。

 

 

 

 

 

 

宮殿の中庭です。

 

 

 

 

 

 

 

回廊

 

 

 

 

 

 

 

アーチの装飾が見事です。

 

 

 

 

 

 

 

ウマイヤ朝の影響を受け継いだイスラム宮殿建築。
11世紀中旬に建てられました。
グラナダのアルハンブラ宮殿に似てるかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか雰囲気がよさげだった。

 

 

 

 

 

 

イスラム文化なども展示されてた。
全体的に複雑に見える美しい模様ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中世宮殿部分の上階は
会議室みたくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

奥の部屋にはイスラム時代の装飾が残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

天井が一番豪華だった王座の間
アラゴン王国の宮殿行事が行なわれた間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回廊に出ました。

 

 

 

 

 

 

階段横に、優雅な窓が並びます

 

 

 

 

 

 

 

この階段を降りると中庭に戻ります。

 

 

 

 

 

 

なかなか見応えある宮殿でした。

 

 

 

 

 

 

イスラムとムデハルの装飾が両方見られるアルハフェリア宮殿は、必見!

コメントフォーム

トップへ戻る